ローリング・ストーンの遊び方

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



ローリング・ストーンの遊び方とルール


▲ゲームの様子
 (この図のように、同じマークを出していきます)
●遊び方の基本
人数
 2〜6人 (4人がベスト)

使用するトランプ
 1組52枚
 ジョーカーは使いません

ゲームのあがり方
 自分の持っている手札を早くなくすこと


●「ローリング・ストーン」の概要
「ローリング・ストーン」は遊び方も簡単で、子どもたちとも一緒に楽しめるトランプゲームです。
ゲームの回ごとに勝者が決まるというのもポイントで、チョッとした仲間が集まれば、すぐに楽しめるゲームです。


●ゲームの準備
ゲームをはじめる前に、まずこのゲームで使うトランプを選び出します。
抜き出すカードは

  
4人まで    6, 5, 4, 3, 2 の数字カードを抜いた32枚
  5人の場合 4, 3, 2 を抜いた40枚
  6人の場合 2 を抜いた48枚


で、その他のカードは使いません。

カードを抜き出したら、ゲームの各プレーヤーに、それぞれ
手札として8枚を配ります。


●「ローリング・ストーン」の遊び方とルール

このトランプゲームは、自分の持っている手札を早くなくした人が勝者になります。

プレイする順番が決まったら、最初のプレーヤーは好きなカードをテーブル上の場に出します。

次の人は、出されたカード(リードされたカード)の数字には関係なく、
出されたカードと同じマークのカードを出さなければなりません。

順番にカードを出していって、プレーヤー全員が同じマークを出せた場合は、その回はひとまず終わりです。
場に出されたカードは、
次の回からは使わないので、まとめてテーブルの脇などにおいてきます。

次にカードを出す人は、この回で一番順位の高いカードを出した人です。
カードの強さ(順位)は

  4人のとき   A - K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7
  5人のとき  A - K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5
  6人のとき  A - K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5 - 4 - 3

で、Aの方が高い順位のトランプとなります。

再びゲームをはじめて、さっきと同じように、出されたカードのマークと同じマークのカードを順番に出していきますが、もし自分の順番のときに同じマークのカードを出せなかったら、その場にある
すべてのカードを引き取らなければなりません。

この時は、カードを引き取った時点でこの回のゲームは終了します。

次の回は、カードを引き取った人が最初のカードを出して開始します。
もちろん、好きなマークのカードを出して構いません。

このようにゲームを進めていって、最初に手札がなくなった人が勝ちとなり、ゲームは終了します。

2位以下の順位を決める場合は、カードに点数をつけるなどして決めればいいと思います。
各トランプの点数は、「ゴー・ブーム」などと同じようにしても構いませんし、自分たちだけの点数を決めてもいいと思います。
もちろん、順位は残ったカードの合計点が少ない人が上位となります。

このトランプゲームのおもしろいところは、ほとんど手持ちのカードがなくなったにもかかわらず、たくさんのカードを引き取らなければならなくなってしまうような事があるところです。

ですから、「ローリング・ストーン」では勝者は最後になってみないと分からないところがあって、挽回のチャンスがあるところが楽しめるゲームだと思います。
遊び方も簡単なので、ぜひゲームをしてみてください。