トランプゲームの用語

トランプの歴史
トランプの種類
ゲームの種類
ルールと遊び方
トランプの遊び方
1人で遊ぶ
2人で遊ぶ
3人で遊ぶ
4人やそれ以上
ゲーム一覧
 
トランプの用語

お気に入りに追加



トランプの用語


トランプには様々な遊び方がありますが、ゲームの中で特定の行為などを指す基本的な用語が使われることがあります。
ここではトランプでよく使われる基本的な言葉や用語をまとめてみたので、参考にしてみてください。


カード
英語で「プレイング・カード」のこと。
日本では「トランプ」と呼んでいるので、特に理がない場合は、このサイトでも「カード = トランプ」として使っています。
また、ふつうは「札」のことを指していています。

切り札
英語で言うところの「トランプ」で、日本で使っている「トランプ」とは違います。
「切り札」とは、他のマークよりも強いマークのカードです。
あるマークが切り札に決まると、そのゲームでは、他のマークとその数の強さに関係なく、決められた切り札のマーク(どの数でも構いません)がもっとも強くなります。

シャッフル
カードを混ぜること。
ゲームをはじめる前に、カードを混ぜて、特定のカードが分からないようにすることで、普通はディーラーがシャッフルします。

ストック
テーブルの中央に積まれた山札のこと
ここからカードを取っていきます

ディーラー
カードを配る人。

ディール
カードを各プレーヤーに配ること。
日本では時計まわりとは逆に配っていくことが多いですが、どちらでも構いません。
また、ふつうはカードを裏向けにして配ります。

ディスカード
フォローできなかったときに、カードを捨てること。
または、捨てるカードのことです。

トリック
各プレーヤーがカードを出し終わって、ゲームがひと巡りすること。
また、その回に出されたカードのすべてのことも指します。
「トリックをとる」とは、その回の勝者になることや、その回に出されたカードのすべてをとることを指します。

ドロー
ゲームの順番やディーラーを決めるときに行われるもので、各プレーヤーがカードを1枚すづ引くこと。
決め方はカードのランクなどによって決めますが、まちまちです。

フォロー
リードされた(場に出された)同じマークや数のカードを出すこと。

マーク
カードに描かれているマークのこと。
「スート」、複数形は「スーツ」と呼ばれます。

ランク
カードの強さ、順位のことで、普通は
  強い← A - K - Q - J - 10 - 9 - 8 - 7 - 6 - 5 - 4 - 3 - 2 →弱い
のようになっています。

リード
カードをテーブル(場)に出すこと。
普通はディーラーの左隣の人が、最初にカードを出します。